ジン典

第24TOKYO区

だいにじゅうよんとうきょうく

第24TOKYO区
第24TOKYO区 EP2 EP3 ジャケット

同人サークル「STUDIO BUSK」制作のビジュアルノベル。

一般向けサスペンス。

時は近未来、舞台は東京のスラム街「24区」。

私立探偵アカネの活躍を通じて、過酷な運命に翻弄される人々の悲哀を描く。

2014年8月17日、コミックマーケット86にて『EPISODE 1 PILOT VERSION』頒布。

11月13日、『EPISODE 1』ダウンロード版発売。

12月30日、コミックマーケット87にて『EPISODE 2,3』頒布。

あらすじ

EPISODE 1

東京にありながら東京ではない、弱者と孤独の街、第24TOKYO区。

その片隅で、アカネはひっそりと探偵事務所を開いている。

「みためは少し若くても、仕事はどこよりも、確実!」

が売り文句の彼女だが、依頼は少なく、来る日も来る日も金と時間は酒に消えていくばかり。

家賃の支払いにも困り、もはや追い出される寸前。

そんなある日、事務所に人探しの依頼が舞い込む。

二つ返事で引き受けるアカネ。

しかし、人当たりも金払いも良い依頼人は、なぜか、どこかいけ好かない。

得体の知れない不安を感じつつも、アカネは調査を開始する。

EPISODE 2

暴力をいとわず、恨みも恐れず、男はひたすら金を追い求める。

彼を待ち受ける運命、そして彼が叶えようとした願いとは?

EPISODE 3

幸せだったはずの父娘。

しかし、突如として父は自殺を遂げる。

なぜ父は死を選んだのか?

父は何者だったのか?

真実を求める娘の想いが、チャンドラを突き動かす。

登場人物

メインキャラクター

那図 なず アカネ

主人公。女探偵。容姿は幼く、未成年にしか見えない。

しかし、性格はまるで中年男性。ガサツで口が悪く、酒とタバコ漬けの自堕落な生活を送っている。

探偵としての腕は確かで、24区では顔が広い。

チャンドラ

アカネの助手。

寡黙な少年。移民の子で、アカネに拾われ、事務所で同居している。

コンピューターをも凌ぐ記憶力と演算能力により調査をサポートする。

土鈴 どりん ハク

EPISODE1の依頼人。

のちに事務所のおしかけ従業員となる。

金持ちで人当たりも良いが、どこか得体の知れない男。

EPISODE 1

古紋 こもん つばさ

調査対象。

ハクの恋人の弟。

四日前に失踪。同時にハクの婚約指輪も行方不明になった。

EPISODE 2

ミナヅキ

24区で金貸しを営む若い男。

仕事が強引で、トラブルが絶えない。

EPISODE 3

桐生 きりゅう サツキ

依頼人の少女。

父の自殺の真相、そしてその本当の姿を知ろうとする。

スタッフ

製品一覧

外部リンク