ジン典

イワカミのキラ

砂川亮伍の読み切り漫画。

古代日本を舞台に、 鬼払 おにやら いの巫女キラが活躍する。

第65回週刊少年マガジン新人漫画賞佳作。

全35ページ。

2001年、「マガジンFRESH」1月29日号増刊に掲載。

あらすじ

今は昔。

日本某国に「鬼」が現れ、人々を騒がせていた。

そこへ、一人の巫女が遣わされる。

名をキラといった。

その呪術だけが、鬼を祓うことができるのである。

キラは鬼を追う。

しかし、なぜか役人は事件を隠そうとする。

鬼もどこか様子がおかしい。

そしてキラは鬼の子供ヒミコと出会い、残酷な真実を知る。

登場人物

綺羅 キラ

主人公。

鬼が棲む国「イワカミ」から遣わされた巫女。

鬼払 おにやら い」と呼ばれる呪術を操る。

華奢な容姿に似合わず、その術は強力。

穏やかな性格だが、悪に対しては激しい怒りを見せる一面も。

ヒミコ

鬼の子供。

人をはるかに超える力を持つが、物を盗むばかりで人を襲う様子はない。

タキノモリ

キラと応対する高官。

物腰おだやかな中年男性。

なぜか鬼の出現を隠そうとする。

オウツイ

タキノモリのもとで働く若い役人。

イワカミ国に反感を持っている。

ミノ

キラの案内役を任されている女官。

講評

編集部

私の名は綺羅、仕事は鬼を払う事。

物語は私がある鬼の子供と出会った時に始まった・・・・。

丁寧な描写で描かれた絵がいい。鬼の子供の描きっぷりがかわいくて特に◎!

ストーリーテリングも簡潔で的を射ている。

ただ、もう少し熱気や荒唐無稽な盛り上げが欲しかった。

特別審査委員長 西本英雄

読者を引き込むようなセリフを!