ジン典

恋歌 ─こいうた─

小林尽のネーム原作による短編。

実在のラブソングをテーマに描かれる恋の物語。

1話完結形式で、「track1:波乗りジョニー」と「track2:初恋」の2話が発表された。

作画担当はつやまよしべ(track1)、江本 はる (track2)。

週刊少年マガジン増刊「マガジンドラゴン」に掲載。

track1:波乗りジョニー

小林のデビュー前のネームをつやまよしべの作画により完成させた作品。

2007年12月、マガジンドラゴン第1号に掲載。

全57ページ、途中2ページはカラーイラスト。

副題の「波乗りジョニー」は桑田佳祐のヒット曲。

あらすじ

地味で女の子とは無縁な少年・信は、同級生の早瀬香織に片思いをしていた。

だが、早瀬は学年のアイドル。

その気持ちは、決して手の届かないものに対する憧れに近いものだった。

そんな夏のある日、信は親友の隆志から海への旅行に誘われる。

初めは渋っていたものの、実は自分を誘おうと言ったのが早瀬だと知り、参加を決意。

気合いを入れて当日にのぞんだ信だったが、緊張のあまり、いざ早瀬に声をかけられてもろくに返事もできない。

しかし、二人の携帯の着メロが同じ「波乗りジョニー」だと知ったことをきっかけに、少しずつ打ち解けていく。

その夜、信は早瀬に告白することを決心したのだが…

登場人物

まこと

主人公。

同級生の早瀬に憧れている。

地味で大人しく、友達には絶対に怒らない。

お気に入りの曲は「波乗りジョニー」。

その情熱的な歌とは正反対の性格だと人には言われているが、信自身は自分に合っていると思っている。

早瀬 はやせ 香織 かおり

ヒロイン。

信の憧れの同級生。

容姿端麗・成績優秀で人当たりの良い少女。

隆志 たかし

信の親友。お調子者。

田宮 たみや

早瀬の親友。お節介焼き。

巻末コメント

「ドラゴンといえば伝説の生物! あなたの伝説、教えてください!」

テレパシーを使ったことがあります。(小林

今まで3回男に告られました。女は0回。(つやま

関連記事

ドラゴンランブル

小林による『恋歌』track1の宣伝マンガ。

小林(代理・東郷雅一)とつやまよしべが筋力トレーニングをしつつ『恋歌』を紹介している。

全3ページ。

School Rumble 臨時増刊号』として週刊少年マガジン 2008年2・3合併号に掲載。

ドラゴン特製カレンダー2008

「マガジンドラゴン」付録。

7・8・9月のページに、つやまよしべによる『School Rumble』のイラストあり。

水着姿の塚本天満塚本八雲沢近愛理

track2:初恋

作画、江本温。

2009年1月、マガジンドラゴン第2号に掲載。

全32ページ。

副題の「初恋」は村下孝蔵のヒット曲。

あらすじ

誰もいない廃校のグラウンドで、男は走り続けていた。

毎日、何年も。

そこへ突然、見知らぬ少女が声をかけた。

「何で走ってんのか 教えてよ!」

男は面食らいながらも、やがて照れくさそうに、ある女性との思い出を語り始めたのだった。

登場人物

勝美 かつみ

主人公。

ある女性を待ちながら、廃校になった母校のグラウンドを何年も走り続けている。

性格は明るく、饒舌。

どちらかと言えば取り柄のない男だが、マラソンは好きで、高校時代は県大会上位のランナーだった。

しかし、病気により選手生命を絶たれてしまった。

大久保 おおくぼ 時子 ときこ

勝美が心に決めた女性。

メガネをかけた穏やかな美人。

勝美の高校時代の陸上部の先輩で、当時から憧れの存在だった。

卒業後、夢を追いかけて上京したものの、挫折して帰郷。

そして勝美と付き合うことになったのだが…

少女

絵を描くため、遠方から廃校を訪れた少女。

勝美に興味を持ち、走り続ける理由を尋ねる。

ナビ

小林尽

School Rumble

一覧表

夏のあらし!

一路平安!

声優ましまし倶楽部

その他