ジン典

伏見 やよゐ

夏のあらし!

ふしみ・やよゐ

伏見やよゐ
夏のあらし! 第4巻 表紙

とある屋敷で暮らす「幽霊」の少女。

明るく礼儀正しく素直な性格の持ち主。

元は大倉山高等女学校の学徒で、あらしの後輩。

空襲の恐怖が原因で歩けなくなり、親友の加奈子と二人きりで鬱々と60年間を過ごしてきた。

しかし、過去の加奈子を救ったことをきっかけに、足の自由と本来の明るさを取り戻した。

その後、加奈子と共に方舟で働く事になる。

現代文化には戸惑いつつも興味津々。

あらしたちと違い、男性の、女性のマスター、そして犬のジョゼフィーヌとまで通じることができる。

時間だけでなく空間の移動も可能。

一時期グラサンからエネルギーを貰っていた影響で非常に怪力。

データ

年齢 10代半ば(現代では自称「80才ほど」)
身長 155cm
体重 44kg

人間関係

山崎加奈子

親友。

初めは嫌われていたが、未来の自分が加奈子を救ったことをきっかけに親しくなった。

幽体となって以来60年間は世話をされるばかりだったが、歩けるようになってからは自立を目指して努力している。

単行本での修正点

内容
7巻 39話 048 伏見やよゐ比較01