ジン典

♯217 BLACK RAIN

School Rumble スクールランブル

あらすじ

もう原稿は間に合わない。

絶望のあまり、播磨はひとり公園で現実逃避にふける。

そこへ現れた八雲

彼女の口から伝えられたのは、播磨にとって思いもよらぬ話だった。

データ

区分 School Rumble (本編)
アオリ ─9Pの死線コメディ…。
巻末コメント 文化庁メディア芸術祭に行きました。ちょっとした科学や個人技術など、ああいう頭脳を美しいというのでは!
ページ数 9
初出 週刊少年マガジン 2007年 第15号
発売日 2007年3月14日
表紙
扉カラー頁
収録巻 Vol.18

単行本での修正点

内容
♯216→♯217
011 柱追加「そう、掌を伝わるほどの熱さ─。」
台詞「そして 認めなきゃいけない─ 本当はとても優しい女─ 私は分かっている… 本当はとても優しい女─」→「そして 認めなきゃいけない─ 私は分かっている… 本当はとても優しい女─」

ナビ

次回
#218
前回
♭49#216

小林尽

School Rumble

一覧表

単行本

18巻 収録話

資料集

アニメ

夏のあらし!

一路平安!

声優ましまし倶楽部

その他