ジン典

小林 尽

こばやし・じん

小林尽
声優ましまし倶楽部 第1巻カバー

漫画家。

作品に『School Rumble』『夏のあらし!』など。

最新連載は『声優ましまし倶楽部』。

作品

連載

読み切り

来歴

生い立ち

1977年5月25日生まれ。

千葉県出身。[備考01]

子供の頃から絵を描くことが好きだった。

大学時代

慶應義塾大学ストーリー漫画研究会に所属。

本格的にマンガを描き始める。

4年生の頃、就職活動の一環として週刊少年マガジン編集部に原稿を持ち込む。[備考02]

他誌やアニメーターなどの職業も検討したが、「この編集部は自分を大切にしてくれそうだ」と感じたことが決め手となり、少年マガジンでの漫画家デビューを決意する。

デビュー後

2001年、第65回週刊少年マガジン新人漫画賞佳作を受賞。[備考03]

2002年より2009年まで、『School Rumble』シリーズを週刊少年マガジン等にて連載。

2006年より2010年まで、『夏のあらし!』を月刊ガンガンウイング・月刊ガンガンJOKERにて連載。

2011年より2012年まで、『一路平安!』を別冊少年マガジンにて連載。

2013年より2016年まで、『放課後ましまし倶楽部』『声優ましまし倶楽部』をジャンプLIVE・少年ジャンプ+にて連載。

人物

作風

趣味

旅行

本人いわく、趣味は移動。

頻繁に国内外を旅しており、しばしば関係者から「いつ漫画を描いているのか」と驚かれている。

自転車で東京から広島まで旅したことや、パスポートのスタンプ欄がいっぱいになり空港で足止めされてしまったこともある。

バスケットボール

中学・高校ではバスケットボール部に所属。

『School Rumble』連載中も月2回ほどのペースで続けていた。

その他

関係者コメント

三浦敏宏 (School Rumble 担当編集者)

『School Rumble』連載立ち上げについて

内容は、ギャグなんだけれども、連載しているうちに、ある日に突然、 ギャグから恋愛に転がってもおかしくないような場にしていったらいいんじゃないか、と話し合っていきました。

お手本として業田良家さんの『自虐の詩』を渡して。

要はショートものでキャラが増えて、だんだん話が動いていくということなんですけれども。

小林くんはそれを一週間後に持ってきて、「わかりました」と。

その「わかりました」と言っただけで、『自虐の詩』とはぜんぜん世界観も展開もちがう『スクールランブル』を描いていく才能はすごいなぁと思いました。[出典01]

朴鐘顕 (School Rumble 担当編集者)

小林尽先生も面白い人柄でした。

昔、年の瀬の12月30日に急に電話がかかってきて、自転車を貸してほしい、って言うんです。

僕が当時ロードレーサータイプの速いチャリを持ってたんで。

で、僕の家まで小林先生が取りに来て、乗り方とか説明したら、じゃっ!とか良いお年を!とか言って去って行ったんです。

夜8時くらい。

小林先生はその足で、そのまま広島まで行きました。7日間かけて。

いやあ、普通に革ジャンにジーパン。カバンも小さなやつだったんですがねー。[出典02]

鈴木綾一 (School Rumble 担当編集者)

打ち合わせでネタが決まったら、先生が目の前でネームを作ってくんですよ。

僕たちは見守ったり口出ししたり先生含め雑談しながら最後まで付き添っていました。

けっこう珍しいスタイルだったかと。

部活みたいで楽しかったです!

あとは小林尽先生は突発的に旅に出るので、電話するときは「いまどこですか?」と聞くのが通例でしたね。

「九州に自転車で来て、いま熊本の喫茶店で原稿描いてます」とか言われたり。

カバンにいつも原稿用紙と道具を入れて、どこでも原稿を描かれていましたね。[出典03]

新房昭之 (アニメ『夏のあらし!』監督)

─小林先生は、脚本会議やアフレコ、ダビング(声やBGM、効果音など音を合わせる工程)にまで参加されていると聞きました。

新房:それだけではなくカッティング(編集)もです。

最初のころはV編(映像を放送用にまとめる最終工程)にまで来てました。

そんな原作者さんは初めてです(笑)。[出典04]

漫画以外の活動

イラスト

小林尽 イラスト収録物一覧」を参照。

声の出演

アニメ

ゲーム

ドラマCD

インタビューなど

小林尽 発言集」を参照。

その他

活動履歴

内容
2001 ?? 第65回「週刊少年マガジン新人漫画賞」佳作 受賞
2002 10 『School Rumble』本編週刊少年マガジン」で連載開始
2003 01 School Rumble 特別長編』 「マガジンFRESH」に掲載
School Rumble 増刊号』 「マガジンSPECIAL」で連載開始
06 「ダ・ヴィンチ」2003年7月号 イラスト(廉麟)、コメント
2004 07 スクールランブル コミックスイメージミニアルバム』シリーズ ジャケットイラスト、コメント
08 School Rumble 臨時増刊号』 「マガジンワンダー」2004年9月11日号に掲載
09 「季刊エス」第8号 インタビュー
10 アニメ『スクールランブル』1期放映開始 DVDジャケットイラスト、出演(船員Fほか)、第26話動画・原画
ウェブラジオ番組「ピートム.ComicJack」第211回 出演
12 「ぱふ」2005年1月号 インタビュー
同人誌『夕映』 イラストを寄稿(沢近愛理
2005 01 「チャレンジ5年生」20004年度2月号 インタビュー
02 「アニメディア」2005年3月号 表紙(塚本天満、沢近愛理)
「ぱふ」2005年4月号 アンケートに回答
03 「アニメディア」2005年4月号 インタビュー
04 ウェブラジオ番組「ポリケロいろいろ」#1 出演
『スクールランブル コミックスイメージミニアルバム』番外編「スクールランニング」 出演
07 スクールランブル 姉さん事件です!』 出演
西本英雄のマガジン調査隊(仮) もう、しませんから。』 出演
08 イベント「第6回 漫画博覧会」 参加
10 ウェブラジオ番組『スクラン☆お茶会!』 出演開始
PCゲーム『Fate hollow/ataraxia』 壁紙イラスト(遠坂凛、アーチャー)、コメント
11 アニメ『ぱにぽにだっしゅ!』第21話 エンドカードイラスト(レベッカ宮本、メソウサ)
12 スクールランブル OVA 一学期補習』 ジャケットイラスト、出演(ナレーション)
『スクールランブル Super Twin Album 〜School Tea Cha!〜』 ジャケットイラスト(塚本天満、播磨拳児
2006 02 「ぱふ」2006年4月号 アンケートに回答
03 『スクールランブル Super Twin Album 〜School After〜』 ジャケットイラスト(塚本天満、塚本八雲
04 スクールランブル二学期』 DVDジャケットイラスト、出演(船員F、先生、小林先生)
School Rumble 〜恋、知りそめし頃に〜』 イラスト、監修
『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』公式サイト コメント・イラスト(内田一宏)
イベント『Kawaii Kon 2006』 参加
ウェブラジオ番組『スクラン二学期 ウィークエンド』 出演
07 スクールランブル二学期 恐怖の(?)夏合宿! 洋館に幽霊現る!? お宝を巡って真っ向勝負!!!の巻』 出演
08 『スクールランブル二学期』エンディングテーマ『二人は忘れちゃう ♥ 』CD ジャケットイラスト(塚本天満、塚本八雲)
夏のあらし!』 「月刊ガンガンウイング」で連載開始
09 裏スクールランブル二学期』に出演
11 「Yahoo! オークション」チャリティ企画 直筆色紙を提供(サラ・アディエマス高野晶
2007 01 TCG『三国志大戦2』カード 「スーパーレア 麋夫人」イラスト
02 「ぱふ」2007年4月号 アンケートに回答
03 スクールランブル二学期』DVD・Vol.9 映像特典『清水香里のスクラン☆オフ会』 出演
10 「月刊少年シリウス」12月号にて「ミスシリウス」イラスト(稲葉美樹東郷榛名 Vol.19に収録)
12 恋歌 ─こいうた─』track1 「マガジンドラゴン」1号に掲載
小説 School Rumble 〜メはメガロドンのメ〜』 イラスト、監修
「ぱふ」2008年2月号 インタビュー
ウェブラジオ番組『ミエノのタタキ! ヒトミ添え おかわり∞』第61回 出演
アニメ『劇場版 「空の境界」 第二章 殺人考察(前)』パンフレット イラスト(両儀式、黒桐鮮花)、コメント
2008 01 帰ってきた変態仮面』を「ジャンプSQ.」2008年2月号に掲載
ウェブラジオ番組「ポリケロいろいろ」#119・#120 出演
『SHUEISHA JUMP REMIX 究極!! 変態仮面』Vol.1 インタビュー(あんど慶周)
02 『SHUEISHA JUMP REMIX 究極!! 変態仮面』Vol.2 インタビュー(あんど慶周)
スクールランブル三学期』公式サイト コメント
「ぱふ」2008年4月号 アンケートに回答
03 週刊少年マガジン50周年記念合作マンガ『魔画尽町殺人事件(前編)』 参加
04 「アニメイトTV WEB」・「電撃ドットコム」・「声優グランプリ」2008年6月号・「anicanR」Vol.14 インタビュー
『School Rumble 増刊号』 完結
05 ウェブサイト「とれたて!ほびーちゃんねる」 インタビュー
06 「アニメディア」2008年7月号・「アニメディアDVD」VOL.13 インタビュー
07 『スクールランブル三学期』#25スペシャル特典 放送情報・座談会 出演
『School Rumble』 本編完結
08 School Rumble Z』を「マガジンSPECIAL」にて連載開始
『School Rumble Forever』 ジャケットイラスト
09 アニメ『ひだまりスケッチ×365』第11話 エンドカードイラスト(沙英)
11 「ジャンプSQ.」2008年12月号付録 ポストカードイラスト(『帰ってきた変態仮面』 変態仮面・四季春夏)
12 アニメ『ef - a tale of melodies.』第9話 次回予告イラスト(新藤景)
「スクールランブルDVD-BOX」 デジパックBOX イラスト
同人誌『IMAGESCAPES VOL.01 <先輩×後輩>』 イラストを寄稿(刑部絃子、オリジナルキャラクター「先パイ」「後ハイ」)
2009 01 『恋歌 ─こいうた─』track2 「マガジンドラゴン」2号に掲載
アニメ『まりあ†ほりっく』第2話 エンドカードイラスト(祇堂鞠也)
02 「ぱふ」2009年4月号 アンケートに回答
04 夏のあらし!』 放送開始 予告紙芝居、実写パート操演、エンディング撮影、第13話エンドカード
『夏のあらし!』 「月刊ガンガンJOKER」に移籍
「月刊コミック電撃大王」2009年6月号 イラスト (『あずまんが大王』 水原暦)
05 『School Rumble Z』 完結
07 漫画『サンデー×マガジン クロスライン』 デザイン協力(ナイトライダー)
アニメ『化物語』第3話 エンドカードイラスト(戦場ヶ原ひたぎ)
08 「メーカー横断アニメガイド」Vol.2 インタビュー(新房昭之)
09 ウェブラジオ番組『杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン』第13回 「SP嵐山小夜子」として出演
ウェブラジオ番組『夏のあらし! 方舟休憩室』特別編 出演
「キャラ☆メル」vol.10 インタビュー(新房昭之、高山カツヒコ)
10 夏のあらし! 春夏冬中』 放送開始 予告漫画、第12話脚本・絵コンテ・アイキャッチイラスト、第13話エンドカード
「オトナアニメ」vol.14 インタビュー(高山カツヒコ)
「ジャンプSQ.M」vol.002 メッセージ・イラスト(『帰ってきた変態仮面』 変態仮面)
「増刊ヤングガンガン」vol.7 メッセージ・イラスト(『天体戦士サンレッド』 サンレッド)
11 TCG「ヴァイスシュヴァルツ エクストラブースター Fate/hollow ataraxia」 カードイラスト(魔法少女カレイドルビー)
ウェブラジオ番組「ポリケロこんじゃく」第34回 出演
12 演劇『冬 -ZIMA-』 宣伝イラストを提供
同人誌『京都、春。』 サークル「Rubicon Hearts」より発行
2010 01 アニメ『はなまる幼稚園』第1話 エンドカードイラスト(杏、山本先生)
アニメ『ダンス イン ザ ヴァンパイア バンド』第2話 エンドカードイラスト(ミナ・ツェペッシュ)
02 「ぱふ」2010年4月号 アンケートに回答
別冊 School Rumble』 「別冊少年マガジン」2010年3号に掲載
同人誌『京都、春。postscript of Kyoto in the spring.』をサークル「Rubicon Hearts」より発行
09 『夏のあらし!』 完結
10 アニメ『荒川 アンダー ザ ブリッジ * 2』第1話 エンドカードイラスト(ニノ、星、村長、シスター)
「ティアズマガジン」vol.94 インタビュー・表紙イラスト「京都、秋。」
11 慶応義塾大学第52回三田祭「三田祭限定美術展 みってん☆」 カラーイラスト『独立自尊』を出展
2011 01 アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』第4話 次回予告イラスト(鹿目まどか)
03 「Chaos TCG OS:東方混沌符 2.00」 カードイラスト(十六夜咲夜)
05 短編『歌舞伎町そのころ』 同人誌『pray for Japan』に寄稿
一路平安!』 「別冊少年マガジン」にて連載開始
09 ガンガンONLINE「ドラゴンクエスト 25th Memorial Illust Gallery」 イラスト(ギガンテス)
2012 05 『一路平安!』 完結
10 ウェブラジオ番組「真礼・由佳の『秋葉原漫画部』」第19回 出演
2013 08 同人誌『Love Love Live!』 イラスト(『ラブライブ!』絢瀬絵里)
11 PS Vita用ソフト『月英学園 -kou-』 ゲストイラスト(御月英理)、コメント
12 放課後ましまし倶楽部』 「ジャンプLIVE」にて連載開始
同人誌『Love Love Live! second edition』 イラスト(『ラブライブ!』絢瀬絵里、東條希)
2014 01 『放課後ましまし倶楽部』 完結
08 スマホゲーム『チェインクロニクル』 イラスト(ユカチ、カナーン)
09 声優ましまし倶楽部』 「少年ジャンプ+」にて連載開始
2015 09 「アニメシナリオ大賞」 最終審査委員を務める
11 「最終未来兵器mofu」のライブTシャツにイラストを提供
2016 02 『声優ましまし倶楽部』 完結
10 ニコニコ生放送『セクシー痴女優 乃亜様のノアピコ!』 出演
11 ミュージックビデオ『だけどユメ見る』 漫画パート作画
School Rumble ♯ Diamonds on the Inside』を「週刊少年マガジン」に掲載

交友関係

アシスタント

漫画家・イラストレーター

赤松健

School Rumble』連載開始前、小林の希望により対面。

「長身の好青年で、好きな物も描きたい物もハッキリしており好印象」と評価された。

有馬啓太郎

『うりポッ!』第1巻おまけ4コマ漫画に小林を登場させた。

夏のあらし! 春夏冬中』ではエンドカードイラストを提供した。

南野彼方

夏のあらし!』の彩色担当。

主宰サークル「CODEGiA」の同人誌『夕映』に小林の寄稿イラストあり。

武内崇

武内は『夏のあらし! 春夏冬中』にエンドカードイラストを提供。

小林は『Fate hollow/ataraxia』と『劇場版 「空の境界」 第二章 殺人考察(前)』にイラストを提供した。

2009年には同人誌『京都、春。』を合作した。

声優

川田紳司・生天目仁美・かないみか・安元洋貴

アニメ『スクールランブル』花井春樹役、周防美琴役、ピョートル役、東郷雅一役。

放送終了後も親交が続いている。

川田は『School Rumble 増刊号♭33の作画に協力。

小林は生天目が出演した演劇「冬 -ZIMA-」のチラシ用イラストを描いた。

杉田智和

アニメ『夏のあらし!山代武士役。

小林は杉田がパーソナリティを務めるラジオ番組『杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン!!』第13回にゲスト出演。

また、杉田原作のPSVita用ゲーム『月英学園 -kou-』にイラストを提供した。

あさのますみ

小林はあさのの勧めにより一時期Twitterを利用していた。

また、あさのが漫画『それが声優!』の作画担当者を募った際には、ペン入れの手伝いを申し出た。

あさのは『声優ましまし倶楽部』第2巻の帯に推薦コメントを寄せた。

その他

奈須きのこ

シナリオライター、小説家。

『劇場版 「空の境界」 第二章 殺人考察(前)』のパンフレットに小林からのコメントあり。

三重野瞳

歌手、作詞家、脚本家。

アニメ『夏のあらし!』『夏のあらし! 春夏冬中』脚本に「赤尾でこ」名義で参加。

小林は三重野がパーソナリティを務めるラジオ番組『ミエノのタタキ! ヒトミ添え おかわり∞』第61回にゲスト出演した。

朴鐘顕

『School Rumble』初期の担当編集者。別冊少年マガジン初代班長。

小林が学生だったころ同人誌に描いたイラストに感銘を受け、名刺を渡して週刊少年マガジン編集部への連絡を求めた。

これがきっかけで小林は少年マガジンを意識するようになったという。[備考01]

のちに小林の担当編集者となり、『School Rumble』の連載を立ち上げた。

関連サイト

備考

  1. マガスペ探検隊のWhat.Who.Where.』第7回では、東京都出身、O型、少年マガジンに持ち込みをした理由は「住んでるところが近かったから」とされている。
  2. 初めての持ち込み作品は、「チャレンジ5年生」インタビューでは「19ページのギャグ漫画」、朴鐘顕のTwitterでは「ファンタジー」とされている。
  3. 「第65回少年マガジン新人賞」の受賞者リストに小林尽という名前は無いため、別名義で応募したものと思われる。

出典

  1. 漫画編集者 p.80 木村俊介 フィルムアート社
  2. 班ちょ@新人漫画賞「GATE」班長(@betsumaga)さん _ Twitter
  3. ヤングマガジンのスズキ(@ym_suzuki)さん _ Twitter
  4. アニメ『夏のあらし!』 DVD第3巻特装版ブックレット

ナビ

小林尽

School Rumble

一覧表

夏のあらし!

一路平安!

声優ましまし倶楽部

その他